index about presenter word text log mutter mail
 
RNRCミラー  

オーシャンハイウェイパトロール






 もうあれ、ニンのテンのドウと来たらほんともうあれ、なんすかあれ、ゲームボーイミクロとかいう輩。あれを見てると昔、あんな形のしょぼい得点ゲームがあったことを思い出す。必要以上にセピア色で思い出す。ファミコンが買えない子供達のための代替手段的ゲームで、キャラクターはかろうじてオバQという僕にとってはまったく世代としてかすってない主人公だったのだけれど、そのオバQが二階に行って、饅頭かなんかを見つからないようにひたすら盗み食いして、二階の饅頭が無くなったら一階に降りて一階の饅頭を盗み食いするっていう不毛という言葉以外では表せないようなゲームで30000点のハイスコアを出したことがあって、でも周りの誰もそんなゲームを持ってなかったから自分のスコアが凡人以下なのか神がかっているのかもわからないまま、ただひたすら二階に上っては饅頭を盗み食い、一階に降りては饅頭を盗み食いしてた。どんだけ饅頭が備蓄してある家なんだ。

 んで、30000点のハイスコアは宙ぶらりんのまま、ニンのテンのドウの方に目を向けるとなんすかあれ、とりあえずあのカードキーみたいなゲームボーイはなんなんだ。やっぱりゲームボーイは手に持つとずしりと重く、なんだか白米のみっちりと詰まった弁当箱みたいな感覚を味わいながら、それを両腕で支えながら固定して遊んでいるうちにいつの間にか腕の筋肉が鍛えられ、サスケでは第三ステージで惜しくも脱落してしちゃうけど、そろそろサスケオールスターズに仲間入り出来るかな? くらいのトレーニング効果を発揮できるのが本来のゲームボーイではなかったのか。まあそれはいい。大目に見よう。スーパーゲームボーイのあまりにもその性能の中途半端さもこの際水に流しておこう。ゲームボーイソフトってのは携帯ゲームとしてやるから楽しいのであって、座椅子やソファーにどっかりと腰を落ち着けて大画面でやるものではないのだよ。実際。すんごい今更駄目だししちゃうけど。ゲームボーイは目が悪くなるからと買ってもらえなかったあの頃の自分にも。んで、結局高橋名人の言うこと守らなかったから目は悪くなっちゃった。ああ。

 そして、その僕と眼科との接点が発生した起源とも言えるべきスーパーマリオブラザーズがゲームボーイミクロで発売してるじゃないっすか。つまり僕が言いたいのはここ。この事実。正直マリオ出すぎでしょ。特に1のマリオ。右に走るしか脳が無い、そうそう、キノコ好きの。シッポもマントも無いからものすごい地面に開いた大穴がシビアな。あれあれ。新しいハードが生まれるたびに出てるじゃん。あの土管工。確かに原点に帰るってのは大事。夢中になって先に進んでいたように思えたのだけれど、いつの間にか自分がどっちに進んでいるのか、むしろいつからか自分は進んでいるように見えて立ち止まっていただけじゃないのか、言葉の通じない国のホテルの朝食とか食べてる時なんかに「そうだ、原点に帰ろう」ってJR東海のCMディレクターーの眉がピクリと動く台詞を出すのはいいと思う。だけれどマリオはもういいよ。君はもういい。君はもう十分、原点に帰ってる。7−2くらいでハンマーブロスにやられて1−1に帰ってる。

 もうなんていうかな、とりあえずマリオ出しとけば売れるだろ、みたいなの。ほら、新しいハード出たからマリオでもやり直さない? みたいなの。ほら、確かに僕達いろいろあったけれどまた新しい季節が来たからお互いのこれからのこと、うん、たぶんこれからもいろいろあるかもしれない。でもその時はまた二人で怒ったり、悩んだりしてさ、そうしてる時間ってほんとは何よりも大切な時間なのかもしれないって思ってさ……ねえ、出来ることならまたやり直さない? みたいなの。そういうのもううんざり。そんなメロドラマカップルに腹を立てて、蹴り飛ばしたノコノコと一緒に駆け出して、跳ね返ってきたノコノコをボレーシュートと思わせて、顔面ブロックとかもううんざり。背が縮む原理が理解できないし。背骨の急激な成長と退化では説明できないし。もう勘弁して欲しい。もうこれ以上、あの1−1の一番最初のクリボーに仕事をして欲しくないよ。あんな無茶な働き方したら間違いなくあのクリボーは体壊しちゃう。最もマリオを屠ってきたのは間違いなくあのクリボーだけど、最も踏まれてきたのもあのクリボー。たぶんBダッシュから宙に浮いた一番最初のコイン入りレンガブロックに頭部を激しく激突させ、その前のダッシュから得られたスピードと落下のスピードが合わさって斜めに落ちてくるオーバーオールのひげおじさんをすごい優しい目で見てるもの。全てを悟ったような優しくて、暖かくて、でもどこか寂しそうなそんな目であのクリボーは花とコインとキノコをこよなく愛するみんなの人気者の靴底を見つめているもの。

 だからね、ルイージマンションとかさ、そういうのやっていこうよ。あれなら出てくるキャラもみんなまだまだ活躍し足りないっていうか、ルイージは売れてない、だから売れさせてやれ、っていう一般大衆と同じ考えを持って開発したソフトだったのにやっぱり売れないというこの悲劇。どうせおやつは戸棚の中に無いんだろうなーどうせ無いよなー、なんて思いながらも期待半分で開けてみるとやっぱ無かったみたいな。そもそも戸棚とかある家なんて今時あるのかみたいな。でさ、設定とかを変更してさ、こうグラフィックもゲームボーイ風にアレンジしてね、んで開発してみたら意外と売れるかもしれないじゃん。マリオの原点はブラザーズでいいかもしれないけど、ルイージの原点はマンションだからね。2Pとか1Pの奴が上手いと全然順番が回ってこないから。んで、1Pの奴がたまたま凡ミスしてやっと順番回ってくるんだけど、もうそれはすっかりベンチで肩の冷え切ってしまったピッチャーみたいなところがあるから、さっきの達観クリボーに瞬殺されてしまったりするじゃない。なんとかしてね、ルイージに花を持たしてやりたい。永遠の二番手なんて不名誉な二つ名はドラえもんでいうところのキテレツ大百科の面々にくれてやればいい。それどころか今だとワリオやらヨッシーやらが出てきて二番手の地位さえおぼつかない、というかすでにワリオの方が鼻の穴に指を突っ込むゲームで先に売れているってのは歴然とした事実なんだけど、ルイージだってニュールイージマンションで挽回できるかもしれない。思わず、子供が「あのステージ、クリアできた? すげーむずかしいよな!」みたいな会話が教室で盛り上がっちゃうくらいの出来に仕上がるかもしれない。老人が思わずコントローラーと共に自分の体も前後左右に揺られつつ、ジャンプするごとに首をガクガク動かしながら、「おお、正江さん。やっぱりあのステージはなかなかクリア出来ないのう」なんて喋りながら、周りの視界の方が先にどんどんクリアしていって天国という名のボーナスステージに入っていっちゃう可能性もあるかもしれない。そうして、ムシキングが学習デスクの引き出しという名の虫かごの中で絶滅してきた頃に、あのルイージマンションをゲームボーイミクロ用ソフトにリニューアル! 様々な改良とストーリーの再設定、原点に忠実な昔ながらのアクションゲーム、いよいよ発売! なんて宣伝文句と共に、老若男女問わず、またたく間に爆発的ヒット! 主人公は皆がよく知ってる帰ってきたあのキャラクター! オーバーオールにキノコ大好き、立派なヒゲの土管工! そして帽子のマークには「M」の文字。

 

関連リンク

2ちゃんねるネットウォッチ板  ReadMe!新作レビュースレ 2.0  ReadMe!新作評価サイト
ReadMe!新作レビュースレ発・RNRCヲチスレ  ReadMe!新作レビュースレ発・RNRCヲチスレ part2

Special Thanks!
43  @am  no banner  rest  Plan9  Target capture  一流ホームページ  おちゃめサイト
俺インフルエンザ  君がソレを望むなら  漁夫ねんど  ぐだぐだ専用道路  玄人の瞳  死熊 -Σ-
少女凛血  しょっぱめ  九十九式  テキスタイルポップ  テキブロニュース  チャンネル7
なにわや  白昼夢 〜A Daydream〜  フナニチ  みかんの星  アクダマ
 

Copy Right c Each Presenter All Rights Reserved
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO